元彼と奇跡的な再開。おまじない効果を期待!

高校のときのことです。1年間好きだった人から突然の告白!!
まさに奇跡です。とても舞い上がりお付き合いをすることに。しかし突然ピリオドがきました。彼が他の女と頻繁に出かけていることが判明しました。問い詰めると自白してそれまでの熱が一気に冷めて行きました。

別れてそのままお互い進学へ。どこに行ったかも知らないし知りたかくもなかったです。そして2年生になり、今まで入っていた運動部をやめ、みんなで旅行に行ったりするサークルに友達と入りました。サークルばとても多くおよそ、100人もいて色々な大学からきていました。

サークルに入って数ヶ月。月一度にある飲み会で何処かで見た顔が。なんと高校の彼でした。本当に現実なのか、と頭が真っ白になりました。ただ話しかけるには遠い距離、そして何よりケンカ別れした相手。どうしようかと思っていたときに、このタイミングでの席替え。そしてなんと彼の横に。

彼は初めは気づいていませんでした。そのためまず名前から聞いてきました。多分分からなかったのでしょうね。高校はすっぴんで今は化粧マジックです。ただ気づかなかったのも数分のみ。というか、気づかないのが嫌で気づかせてあげました。気づいたときにはびっくり。そりゃそうですね。私も驚いたのですから。

2年ぶりの再会により、ケンカ別れしたことも忘れてました。その日から数日後、突然彼からの連絡が、あり迷ったものの会うことに。そしてまさかの二度目の告白。しかし、前のことがあり、その場で答えることも出来ません。もうしないと約束をしてくれた彼。そこから悩みました。

周りに相談をして答えが出たのは1ヶ月過ぎたあたり。やはりもう一回付き合ってやり直す!これが答えです。

彼に連絡をして私たちは二度目のカップルになりました。一度、裏切られたことはそう簡単には忘れられません。そしてまたそうなるかもしれません。しかし、信じます。彼がずっとそばにいてくれるようにします。それが私の今の目標となっています。気休めかもしれないけれど、よく効くと評判の寄りを戻す おまじないの護符も買いました!彼と長く続きますように。

看護師と接していて日々思うことーありがとうが心の薬ー

私は品川区内の病院で医療事務を行なっています。
病院内の医療事務の仕事なので、看護師とのコミュニケーションも必須な仕事です。
病院内は、私以外ほぼ全て看護師です。
そんな看護師と接してみて、イメージが変わった出来事を執筆させていただきます。

看護師の性格ですが、患者に感謝されることが目的である人が多いように考えます。
私はこの仕事に就くまで、看護師は人の役に立ちたい心の優しい人というイメージがありました。
また、周囲には「あの人は看護師だから優しい」ということを普通に言う人もいました。
しかし、実際に接してみると必ずしもそうではありません、
もちろんなかには優しい人もいますが、特に役職クラスになると偉そうな物言いをする人が多いです。
彼女らは、「自分が一番偉い」という意識が高く、男女問わず部下にはきつい言い方をします。
患者に接するような優しい接し方は出来ないのだろうかと日々疑問に感じます。
最も、役職が付いているとはいえ病院内でしか通用しませんのに。

また、「患者に感謝されることが目的」という点ですが、彼女らは「ありがとう」の言葉を好む人が多いです。
患者に何かをしてあげた時に言われる「ありがとう」の言葉が、彼女らにとってなによりも大切なのです。
逆に言うと、感謝の言葉がないと不安になってしまう人々です。
私は他業種にいたものですから、このような姿にとても驚いています。

以前、看護師長が部下の看護師にとある患者の最近の様子を聞きました。
その際、その看護師は「看護師への感謝の言葉が聞けるようになったので、とても良い関係を築けている」と言いました。
私は思わずその看護師の顔を見てしまいました。
感謝の言葉が聞けるから良好な関係?社交辞令かもしれないのに…と感じました。

患者さんの中には心から感謝をしている人もいますが、看護師の必要性を感じずに社交辞令で感謝している人も少なくありません。
その人が本気でそう思っているのかを汲み取ることは、案外簡単です。

看護職は日々移り変わる患者の世話に追われて、疲労しているのだろうと感じています。
看護師長からの厳しい言葉を言われることも少なくなく、自分を否定されてしまうこともあります。
このような状態で、患者からの感謝の言葉が唯一の励みなのかもしれません。
そう考えると、医療現場の改革をする必要があると感じています。
この病院にも、純粋に患者さんの役に立ちたいと思う看護師さんがもっと増えてくれれば・・・と思います。
<<看護師求人品川区>>

新人でもパート看護師さんにあたりたい

春は新人さんが多く病院にいます。そんな春から夏頃まではできれば、健康障害を起こして、病院にかかることは避けたいところです。なぜなら、新人さんにあたる確率が少なくないからです。

ちょっと体調を崩して、宇都宮でも比較的規模の大きな病院に受診したときのことです。「血液の検査をしてきてもらってください。」と医師に言われ、中央処置室というところで採血をしてもらうことになりました。順番を待っていると、私を呼んでくれたのは、新しそうな白衣を着た、まだ若い方でした。

にこやかにご挨拶をしてくださり、丁寧に本人確認をされたところまではよかったのですが、愛想だけでは採血はできません。まず、いつも採血をしてもらう左手を出したところ、「両方の腕を見せてください。」と言われました。左右の腕をしげしげと眺めたあげく、「左手にしましょう。」と言って、左手に駆血帯を巻きました。駆血帯をしたまま、腕を表にされたり裏にされたり、挙句の果てに、「こっちの腕は血管が細そうですから、反対の腕にしましょう。」と言われ、右手を出しました。

その手をみても、「いやあ、やっぱり難しいですね。」といって、「元の手にしましょう。」と言われ、再度左手を出したら、駆血帯を巻かれ、あちこちの血管を触られたうえで、ようやく決断した様子で針をさされたのはよいのですが、案の定失敗。それでもしつこく、針をさしたまま、まさぐられて、痛いなあと思いつつ我慢していましたが、やっぱり血液は出てこない。ということで、その新人らしき方は、別の方に、「すみません、変わってください。」と言って依頼されました。

心のなかでずっと溜息をついていましたが、ここまで約20分程度。別の方に代わって、失敗した側と反対の手で難なく採血をしてもらいました。私の血管は自慢じゃないですが、それなりに立派な血管で、あまり失敗されたことはないのですが、このありさまでした。

新人さんは、新人研修があり、お互いに練習をしたうえで実際の患者さんの処置を行います。また、最初は指導者の人がそばにいて、見守っていますし、新人さんができないな、と思うと、すぐに代わってくれます。ですけど、独り立ちをした頃の、春を過ぎ、夏にかかるころにはこのような出来事もあります。

もちろん、新人を配置していない病院もあるでしょうし、また、ベテランさんも新人さんの頃があって、そういった時期を経てベテランになっていく、という事情もわかります。しかしながら、病院にかかる時期というのは、本人が選ぶことはできないですけど、できれば、こういった時期には病院にはかかりたくない、と強く感じた出来事でした。同じ新人でも、パート看護師さんだと、結婚や出産などで離職して戻ってこられたベテランの方が多いので、そういう人にあたりたいです。【看護師 求人 パート 宇都宮】

精神科病棟ナースのリアル

精神科病棟に看護師として勤めて3年目。精神科には信じられないリアルがあります。
幻覚、幻聴という精神的な症状がみられる患者がほとんどで、患者さん本人もこれが現実なのか、それとも妄想の世界なのか、ぐちゃぐちゃに混ざってわからなくなってるみたいです。

わたしたち、いわゆる普通の人にはわからない世界。

そのことに、わたしは少し興味があったりします。

ある患者さんに『トイレに連れて行って欲しい』と言われ、一緒に行きました。
その患者さんは、車椅子を使っている患者さんでした。マジックテープのついた靴を履かれていたのですが、右足のマジックテープで留める部分が外れかけていたので、『ここ、外れそうなので留めておきますね。』と患者にひとこと伝え、わたしは患者の目の前にかがみこみ靴のマジックテープに触ろうとした瞬間です。いきなり頭にドンという鈍い衝撃を覚えました。そして、その衝撃はずきんずきんと痛み始めました。

わたしは、患者に思い切り殴られたのです。

その患者はそれまで機嫌良く歌を歌ったり、話をしたりしていました。
トイレに行く前もその表情は穏やかで、会話の中では笑顔がみられたりと不機嫌である様子など微塵もなかったのです。

しかし、殴られた後顔をあげるとその患者の表情はまるで一変しており、それは、まさに鬼のような表情でした。鼻息が荒く、唇をプルプルと震わせ、わたしを殴った拳はまだ強く握れられていました。

わたしは痛みによるダメージとともにこんなことを思いました。
『なに。わたしの何がいけなかったの。わたしがあなたに何をしたっていうの。』
それは、怒りでした。

わたしは看護師として当然の行いをしたまでで、患者に殴られるようなことはしていない。
それなのに、何故。
不思議でたまりませんでした。

しかしよく考えると、その患者は妄想の世界でいきているから目の前の看護婦さんがいきなり的に見えてしまったのでしょう。

もちろん納得いきません。
でも、それが精神科病棟ナースのリアルなんです。納得はできませんが、慣れないと仕事はできません。

看護師は転職率が高いと言われますし、実際私の同期も看護師求人|高松市で好条件の職場の探し方♪【私の転職体験談】というサイトを利用して最近転職しました。少しでも好条件で納得できる職場で働きたいというのが看護師のリアルな本音です。

イケメンなのに、演技派!主演の二人の魅力にあなたもハマる!

海外ドラマ「スーパーナチュラル」はその名の通り、超自然の悪霊や悪魔または怪物との闘いを描いているドラマですが、ただただオドロオドロシイ感じの「ホラー」系のドラマではなく、主役の二人の兄弟が事件を解決(魔物退治)しながら旅をするヒューマンドラマ的な要素が高いです。

そして今やカナダではシーズン13が撮影中ですが、ここまで続くほどのカルト的な人気の所以は登場人物達の、特に主役の兄弟たちの魅力にあるといえます。

兄弟達の魅力と書きましたが、本当にこの二人の登場率が高く、基本的には両親、恋人、友人(ハンター仲間)の出演回数は(途中で殺されたりして)結構限られています。
敵キャラもシーズン毎に変わっていきますので、途中から登場したキャラで人気が出て残っている2、3人以外はほとんど兄弟二人がドラマを進めています。

私が最初このドラマを観始めた時、そんなに長く続かないレベルのものという先入観を持っていました。
その理由は二人の主役の俳優がイケメン過ぎたから…です。私の中であんなに容姿の完璧な人達が演技が上手い訳がない…という偏見がありました。(すみません….。)何故演技力なのかといいますと、特にこういった類いの(魔物や幽霊と闘う)日常ではあり得ないシチュエーションの中の人を演じるのって、普通のドラマ以上の演技力がいるし、下手な演じ手ではまずこちらが集中して(感情移入して)観られない筈だからです。

ところが彼ら二人の演技が素晴らしい!主役はほとんど初めてだったらしい二人ですが、シーズン進む毎に演技にも深みが増してます。
それに、さすがアメリカ!特撮技術も映画並みです。
物語もドンドン思いもよらない方向へ進んでいくので、シーズン最終回には必ず次が待ち遠しくなります。

話そのものはドラゴンボールじゃないですが、ドンドン規模が大きくなっていきます。
最初は母親を殺した悪魔を追いながら、アメリカの様々な場所にいる魔物(バンパイアや狼人間等)を退治していくのですが、途中から天使が出てきたり、地獄の王や魔王が登場したり、「実は兄弟は人類滅亡の危機を救う鍵…」みたいな話になり(実際に救う)、そして二人は今やメチャメチャ逞しいヒーロー達です。
そんな二人ですが、お互いへの愛情が唯一の弱点で、そこを悪者達に利用されそうになるというのも観ている私たちをハラハラさせて心掴まれるのです。

これからこのドラマを観始める方々に、1つだけ注意点があります。
吹き替え派の方はシーズン1と2は他の方の吹き替えもあるのですが、是非最初から声優さんは東地さん、内田さんのでお聴き下さい。
多分このドラマを先入観で過少評価してらした日本の制作側のせいなのか、(人のこと言えませんが)声優ではない方を最初起用されていますので、そちらはあまりオススメ出来ません。

皆さん、ドラマhuluスーパーナチュラルをご覧になって、サムとディーン二人の兄弟の魅力に是非ハマって下さい!

「ゆめぴりか」が美味しくてうれしかったです

お米
最近、CM制作発表の舞台裏という名目で、「ゆめぴりか」という北海道産のお米の宣伝を目にしていました。CMタレントがマツコ・デラックスだったこともあり、美味しそうに見えるありがちなCMだなというくらいにしか思っていませんでした。

マツコさん自体、他の番組で味のわかる人だとは思っていたのですが、良くある食レポのように、あ~っ、おいしい~!と笑って喜びながら食べる人ではなく、意外にもあまり笑わないニヒルな反応の人なので、どのくらい美味しいのかがわかりにくかったため、あまり興味を持つことはありませんでした。

しかし先日の度重なる台風の際に、意を決して大雨の中買い出しに出かけたところ、そういう時のスーパーは、冷たくて重くかさばる乳製品やお米が特売にされていることが多い、ということを発見してしまいました。車で来ていたものの、やはり重いお米は駐車場から自宅まで雨に打たれるため、購入を諦めてしまいました。それが「ゆめぴりか」でした。

私の家では、これまで家族の好みで秋田こまちがほとんどのため、ほかのお米をあまり食べたことがあまりありません。たまに新潟コシヒカリを食べてみて、米粒の張りが凄いと思う事もありましたが、日常的には白米はそんなに良い物でないと思っていました。ただし今回は、台風の際安売りになっていたお米を買い逃したという喪失感から、あえて後で少し高くても購入することにしました。ネットでの評判も大変良いため、ちょっと気になりだしていたのです。

結果、とても美味しかったため、うれしかったです。お米が美味しくてうれしいというのは初めてです。おそらく、食感が軽く甘みがあって、お菓子っぽいからなのだと思いました。甘党の私好みで、おかずは少なくして、お米だけで食べたい味です。
新潟コシヒカリの良品の重みのあるもったいない感じ、というのがなく、安価で気軽なところが良いです。まだ食べていない方がいたらお勧めです。